ライムライトのダウンタイムを解説!5回施術した美容オタクが体験レビュー!

ライムライトのダウンタイムについて、解説していきます。実際に体験もしたので、そのレビューも載せていきます。

その他にも、美容についての解説をしているので、ぜひ記事を見てみてくださいね!

 

ライムライトとは

ライムライト ダウンタイム

日本人の肌に合わせて作られた「日本人向け」の初めての光治療機です。

従来の光治療は、黄色人種である日本人の肌に照射すると負担がかかったり、効果ができにくいという問題点がありました。

日本人の肌でも、人によって白さや黒さは異なり、肌質や肌症状は異なっていますが、どのようなタイプでも年代を問わず安全に高い効果を発揮することができると言われています。

 

強い光を当てたり、肌に穴をあけたりしないため、肌へのダメージを最小限に抑え、痛みの少ない治療を受けることができます。

 

IPL(幅広い波長の光)を照射することでお肌表面にあるシミの色素(メラニン)や毛細血管(ヘモグロビン)に反応させて、シミや赤みを改善します。

 

ライムライトの期待できる効果

・美肌効果

真皮層にある線維芽細胞が活性化され、コラーゲン生成が促されることにより肌にハリが出ます。

 

・シミそばかす肝斑治療

安全性と、メラニンへの高い反応性を兼ね備えていて、従来のレーザー治療などでは取り切ることができなかった薄いシミにも効果を発揮します。

そのため、広い範囲で薄く点在しているそばかすや肝斑におすすめです。

 

・赤ら顔改善

血管にも反応するので、ニキビの赤みや赤ら顔にも効果を発揮します。

 

広い範囲に照射ができるため、これらの症状を同時に治療できることも魅力の一つです。

 

効果が出るまで

34週間に一度のペースで5回の施術が一般的ですが、クリニックで肌質や症状を診てもらい相談しながら決めていきます。

 

 

ライムライトのダウンタイムは?

 

ライトの当て方を強く設定するか、弱く設定するかでも経過が変わってきますが、他の強いレーザーの治療と比べてダウンタイムは穏やかです。

ダウンタイムはほとんどないと言っても良いでしょう。

施術後の当日から、メイクや洗顔、シャワーもOKです。施術時間も30分程度になります。

 

強めの設定で照射した場合のライムライトのダウンタイム

ライトを当てたシミやそばかすが「シミ浮き」しやすくなります。

「マイクロクラスト」と呼ばれる小さくて細かなかさぶたができ、1~2週間ほどかけて自然と剥がれ落ちます。

 

弱めの設定で照射した場合のライムライトのダウンタイム

効果が無くなるわけではないですが、強く当てた時と比較して効果もダウンタイムも穏やかになります。

薬を塗ったりテープで保護する必要がないため治療直後からメイクが可能です。

 

ダウンタイムが少ない治療ではありますが、治療後から日焼け対策として日焼け止めをきちんと塗り続けることをおすすめします。

特にかさぶたが剥がれ落ちたばかりの肌はダメージに弱いので継続して塗り続けるほど、きれいな肌を保ことにも繋がります。

 

ライムライトの副作用・リスクについて

肌へのリスクは少ない治療ですが、熱が強く当たったり強い反応がでてしまった場合は赤みや、やけどとなることもあります。

やけどや赤みができてしまった場合

水疱ができた場合ステロイドクリームが処方され、炎症を抑える処置をする。

 

・色素沈着が起きてしまった場合

ハイドロキノンクリームで症状を改善させる。

 

医師に適切な強さ、照射数での治療を行ってもらうことが重要となってきますので、信頼できるクリニックできちんとしたカウンセリングを受けることも大切だと思います。

 

ライムライトの治療を受けた感想

私は数年前に、イオン導入+ライムライト+トラネキサム酸パックがセットになっている治療を、一か月に一度のペースで5回受けていました。

症状としてはニキビ跡と肝斑がメインです。

一度目の治療ではそこまでの効果は得られないと先に医師から言われていましたが、少しトーンアップしたような印象でした。

5回目が終わるころには、完全にすべての箇所がきれいになるのは難しくても、

気になっていた薄いシミや肝斑は気にならないほどになり、濃かったニキビ跡も目立たなくなっていました。

ダウンタイムはほとんどなく、私の場合は濃い肝斑やニキビ跡のところだけ細かなかさぶたができた程度でした。

やけどや赤みもありませんでした。

 

日焼け止めは治療直後から数年経つ現在でも怠らずに塗り続けています。

肌悩みは一度改善したからと言って再発しないと言い切れるものではないので、

日ごろからのケアが重要になっていくと思います。

ライムライト単品で受けるよりもこのようなセットになっているプランを選ぶこともおすすめです。

 

 

レーザー後のおすすめスキンケア商品

レーザーを受けた後はご自身でのアフター管理が重要になってきます。

そこでご自宅でもポテンツァ後のアフター管理ができる

韓国のドクターズコスメをご紹介。

今回ご紹介するものは全て韓国のクリニックでも

実際に使用されているものなので

ダウンタイム中の敏感なお肌にも使用可能です。



レーザー後のおすすめスキンケア:Dermajスキンケアセット

https://meon-premier.gangnamdoll.jp/products/beginner-set

 

実際に韓国のクリニックで使用されており敏感なお肌にも使用可能。

レーザー後は紫外線対策も大切!

サンクリームまでセットになっているのでこのセットがあれば問題なし!




レーザー後のおすすめスキンケア:BQCELLダーマスキンクリーム

https://meon-premier.gangnamdoll.jp/products/dermaskin-cream-regeneratedcream-30ml

 

ツボクサエキス、ナイアシンアミド配合で肌を整えツヤとうるおいを与えます。




レーザー後のおすすめスキンケア:BQCELLダブルブレミッシュバーム

https://meon-premier.gangnamdoll.jp/products/double-cure-bremish-balm-50g

 

成分の51%がツボクサエキスで作られた再生BBクリーム。

レーザー後の赤みやマスク荒れのお肌にも使用可能で、

カバー力にも優れているので

赤みや肌荒れを隠したい時などにお勧めです。

 

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

記事掲載のご依頼

こちらの記事に掲載を希望の場合は
以下のメールアドレスにご連絡ください。
shop@gangnamdoll.jp

以下の内容をメールに記載の上、
お問合せいただけますと幸いです。
①掲載希望の記事のURL
②掲載希望のサロンやクリニック情報
(※掲載を保証するものではありません)