アイクリームは何歳から使用すべき?始めるべき年齢と理由を解説!

アイクリームは何歳から使用したら良いか、悩んでいる方はいませんか?

皮膚の老化は、人によって異なる速度で進行します。

特に目の周りの皮膚は非常に薄く、顔の他の部分よりも早く老化の兆候を見せることがあります。

ここでは、アイクリームを使用し始めるべき適切な年齢について解説します。

記事の最後にはおすすめのアイクリームを紹介しておりますのでぜひ最後までご覧ください!

 

アイクリームを始める適切な年齢とは?

 アイクリーム 何歳

アイクリームの使用を始める「正しい」年齢については、一概に言うことはできませんが、一般的には20代前半から目の周りのケアを始めることが推奨されています。

これは20代からコラーゲンの生成が徐々に減少し始めるためで、早期からの予防ケアが将来のしわやたるみの予防につながります。

20代

20代では、保湿に重点を置いた軽いテクスチャーのアイクリームを選ぶことが重要です。

この時期の主な目的は、目の周りの皮膚を十分に保湿し、乾燥を防ぐことにあります。

また、紫外線から皮膚を守るために、日中はSPF含有のアイクリームを使用することも有効です。

30代

30代になると、目の周りの細かいしわやくまが目立ち始めることがあります。

この時期は保湿だけでなく、コラーゲンの生成を促進する成分(レチノールやペプチドなど)を含むアイクリームを選ぶことが推奨されます。

これにより目の周りの皮膚の弾力性を高め、しわやたるみを予防することができます。

40代以降

40代になると、目の周りの皮膚の老化がより顕著になります。

この年齢では、保湿成分に加えて、抗酸化成分(ビタミンCやE、グリーンティー抽出物など)や、さらに強力なエイジングケア成分を含むアイクリームを選ぶことが大切です。

これらの成分はしわやたるみを減少させるだけでなく、肌の明るさを取り戻すのにも役立ちます。

結論

アイクリームを使用し始める「最適な」年齢は、個人の肌の状態やニーズによって異なります。

しかし早期から目の周りのケアを開始することで、将来的な老化の兆候を予防し、より若々しい外観を保つことができます。

自分の肌に合った製品を選び、継続的なケアを心掛けましょう。


アイクリームは必要か?

アイクリーム 何歳

アイクリームが必要かどうかについては、皮膚の状態、年齢、生活習慣のほか、個人の目標によって異なります。

以下では、アイクリームの使用に関する一般的なガイドラインとその利点を紹介します。

アイクリームの目的

  • 保湿: 目の周りの皮膚は非常に薄く、他の部分よりも乾燥しやすいため、保湿が重要です。
  • エイジングケア: 細かいしわやたるみの予防、または改善に役立ちます。
  • 目の下のクマの改善: 血行促進や色素沈着の軽減に効果がある成分を含んでいる場合があります。
  • 腫れの軽減: 冷却成分や血行促進成分を含む製品が、目の周りの腫れを軽減するのに役立つことがあります。

アイクリームが必要な人

  • 乾燥が気になる人: 目の周りの乾燥は、肌の老化を早める原因になります。
  • しわやたるみが気になる人: 早い段階からの予防ケアが有効です。
  • 目の下のクマや腫れが気になる人: 専用のケア製品を使用することで、これらの悩みの改善が期待できます。
  • エイジングケアに興味がある人: 年齢を重ねるにつれて、目の周りのケアはより重要になります。

使用を開始する時期

アイクリームの使用を開始する具体的な年齢はありませんが、20代前半から予防的な目的で使用を開始する人もいます。

重要なのは、皮膚の状態や自身のニーズに合わせて選択することです。

結論

アイクリームが必要かどうかは、個々の肌の状態や悩みに依存します。

乾燥、しわ、たるみ、クマ、腫れなど、目の周りの特有の悩みに対処するために設計された製品です。

早い段階からのケアが将来の肌の健康に大きな違いが出てくるため、自分の肌の状態や目指すゴールに合わせてアイクリームの使用を検討してみてください。

目元が気になり始めるサインは?

アイクリーム 何歳

目元が気になり始めるサインはいくつかありますが、これらは個人差が大きいため、自分の肌の変化に注意深くなることが重要です。

以下に、目元のケアが必要かもしれないと感じる一般的なサインを挙げます。

1. 乾燥

  • 目の周りの皮膚がパサパサしている感じがする。
  • 化粧品のノリが悪くなる、またはファンデーションがよれやすくなる。

2. 細かいしわ

  • 笑った後や表情を変えた後に、目の周りに細かい線が現れるようになる。
  • 細かいしわが以前よりも目立ち始める。

3. たるみ

  • 目の下やまぶたの皮膚が以前よりもたるんで見える。
  • 目元の形が変わってきたように感じる。

4. 目の下のクマ

  • 目の下の色が暗くなる、または青っぽく見える。
  • 疲れていないのに、いつも目の下が暗い。

5. 腫れぼったさ

  • 朝起きた時に目の周りが腫れている。
  • 一日中、目の周りが腫れぼったく感じる。

6. 肌の弾力性の低下

  • 目の周りの肌が以前よりも柔らかくなったり、弾力がなくなったように感じる。

 

これらのサインが現れた場合は、目元専用のケア製品を使うことで状態の改善が期待できます。

特に乾燥や細かいしわは初期段階でのケアが重要です。

また、生活習慣の見直し(十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な水分摂取など)も目元の状態を改善するためには効果的です。

 

アイクリームは逆効果?

アイクリーム 何歳

アイクリームが逆効果になる可能性はあるものの、これは製品の選び方や使用方法に大きく依存します。

アイクリーム自体が必ずしも悪いわけではなく、不適切な使用が問題を引き起こすことがあります。

以下に、アイクリーム使用時に考慮すべきポイントをいくつか挙げます。


1. 不適切な製品の選択

  • 肌質に合わない製品: 自分の肌質や悩みに合わない製品を使用すると、期待した効果が得られないだけでなく、肌トラブルの原因になることがあります。
  • 刺激成分: アルコールや香料、特定の保存料など、肌に刺激を与える成分が含まれている製品を使用すると、目の周りの敏感な肌を傷つける可能性があります。

2. 過剰な使用

目の周りの肌は非常に薄く、敏感です。

アイクリームを過剰に使用したり、強くこすり込んだりすると、肌を刺激してしわやたるみを悪化させる可能性があります。

3. 不適切な保管方法

アイクリームは適切な温度で保管する必要があります。

直射日光が当たる場所や極端に高温または低温の場所で保管すると、製品の品質が低下し、効果が減少したり肌に悪影響を与える可能性があります。

4. 期待し過ぎ

アイクリームは目の周りの特定の悩みに対処するために設計されていますが、即効性があるわけではなく、使用を続けることで徐々に改善が見られるものです。

過度な期待は、製品に対する不満や誤った使用方法につながることがあります。

 

対策

  • 肌質や悩みに合った製品を選ぶ: 乾燥、しわ、たるみ、クマなど、自分の悩みに合わせて製品を選びましょう。
  • 適量を使用する: 少量で十分な効果があります。目の周りに優しくたたき込むようにして使用しましょう。
  • パッチテストを行う: 新しい製品を使用する前に、少量を手の甲などで試してみて、肌に合うかどうかを確認しましょう。
  • 適切な製品選びと正しい使用方法により、アイクリームは目元の肌状態を改善する有効な手段となり得ます。

 

アイクリームを使用する順番は?

アイクリーム 何歳

アイクリームを使用する順番は、スキンケアの基本的なルールに従います。

基本的には、軽いテクスチャーのものから重いテクスチャーのものへと順番に使用することで、それぞれの成分が肌に浸透しやすくなります。

以下は、一般的なスキンケアルーチンでのアイクリームの使用順序です。

 

スキンケアの基本順序

  1. クレンジング: メイクや日中の汚れを落とします。
  2. 洗顔: 肌の余分な皮脂や汚れを洗い流します。
  3. 化粧水: 肌を整え、次に使用する製品の吸収を助けます。
  4. 美容液: 肌の特定の悩みに対処するための濃密な成分を提供します。
  5. アイクリーム: 目の周りの繊細な肌に特化した保湿とケアを行います。
  6. 乳液 / エマルジョン: 肌に潤いを与え、水分を閉じ込めます。
  7. クリーム / ナイトクリーム: 最後に全体の保湿を行い、すべての成分を肌に封じ込めます。

 

アイクリームの使用についての注意点

量について

一般的には、米粒大程度の量が目安です。目の周りの肌は非常に薄く、少量でも充分に保湿できます。

 

方法

アイクリームは、目の周りの骨の上、つまり下まぶたの骨の端と眉毛の下の骨の端に沿って優しくたたき込むようにして使用します。強くこすったり引っ張ったりすると、敏感な肌を傷つける可能性があります。

 

タイミング

アイクリームは、日中と夜の両方のスキンケアルーチンで使用できます。ただし、日中に使用する場合は、SPF成分を含むアイクリームを選ぶか、アイクリームの上から日焼け止めを塗ることをお勧めします。

 

この順序に従ってスキンケアを行うことで、各製品の効果を最大限に引き出し、健やかな肌を保つことができます。

 

おすすめのアイクリームはコレ!

 

・内容量:30ml 参考価格:3500円


韓国のドクターズコスメで
累計500万個以上
売れている大人気クリーム。
これ1本で、ハリ・クマ・つや・
保湿・エイジングケアまで
出来てしまう優れもの。

アイクリーム決定版、これを選べば間違いないという商品をご紹介しておきます!

商品のレビュー、口コミはぜひ商品ページで確認してくださいね!

 



 

定期的にセールを実施中!興味がある方はぜひカートにいれて待っておくのもいいかも!

楽天市場

お買い物マラソン

>>購入先はこちら

Amazon

>>購入先はこちら

Yahoo!ショッピング

>>購入はこちら

Qoo10

>>購入はこちら

楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、Qoo10でお得に購入できるので普段からご利用いただいている通販サイトにてチェックしてみてください✨

 

肌の悩みに合った韓国スキンケアをお探しなら、K Village Meon(Amazonプライムデーセール開催中!)

肌の悩みに合った韓国スキンケアをお探しなら、K Village Meonがおすすめです。

K Village Meonは、「ワンランク上のセルフケア体験」をコンセプトに、韓国の美容皮膚科の医師など専門家が開発に携わるドクターズコスメを販売しております。

毛穴ケアなど、韓国美容クリニックをご自宅で体験でき、あなたの肌悩みに合った商品が揃っています。また、元美容皮膚科クリニックのスタッフがおすすめの商品を提案しますのでお気軽にお問い合わせください。

Amazonや楽天、Qoo10、Yahoo!ショッピングなどでも販売しておりますので、ぜひ検索してみてください。今だけ年に1回のAmazonプライムデーセールでお得に買えるチャンス!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

記事掲載のご依頼

こちらの記事に掲載を希望の場合は
以下のメールアドレスにご連絡ください。
shop@kvillage.jp

以下の内容をメールに記載の上、
お問合せいただけますと幸いです。
①掲載希望の記事のURL
②掲載希望のサロンやクリニック情報
(※掲載を保証するものではありません)