【韓国スキンケア】シミに悩む人必見!内服薬の正しい知識や選び方、おすすめを韓国美容皮膚科が徹底解説!

https://www.youtube.com/watch?v=gvQmTdLtL0M

今回は、現役の韓国美容皮膚科の医師が教えてくれるシミ内服液について!!

たくさんの商品や病院で処方されるものがありますが、多すぎてどうやって選べばいいのか

分からないですよね。

シミに悩まされてる方に必見です!!

合わせて読みたい

>>毛穴やたるみ・むくみが気になるあなたに。韓国美容皮膚科の施術をご自宅で。韓国発美顔器が限定発売。

>>少しでも快適なダウンタイムを。カンナムドールが運営する美容整形後のアフターケアに特化した専門店『YEOSIN TIME』をおすすめ商品を見てみる。

>>【完全版】脂肪吸引後の圧迫着は必要?おすすめ商品や部位別・悩み別の対策を解説

そもそもシミの内服薬は大きく2つに分けられています。

処方箋が必要な医療用薬品と、処方箋が不要で薬局などで買える一般用薬品です。

トラネキサム酸

医療用薬品と一般用薬品一体どんな差があるのかというと・・・

シミ改善の成分であるトラネキサム酸の含量なんです!

このトラネキサム酸は医療用に多く含まれています。

元はトラネキサム酸は止血剤として開発された成分ですが、のちに

シミの改善効果が発見され今では止血剤とシミ治療両方の用途で利用されています。

シミ治療としては一日500~750mgのトラネキサム酸を服用しないといけません。

一日750mg服用するためには・・・

1.一般用は(125mg/1錠)一日6錠は必要

2.医療用薬品は(250mg/1錠)一日3錠は必要

となります。

服用する量の違いから医療用の方が服用しやすいというメリットがあります。

医療用医薬品のメリット

それはコスパです!!

一般用医薬品の価格は医療用に比べると平均的に3~4倍ほど高いとされています。

こういったことから医療用は面倒ですが、病院で処方してもらうのがいいかとも

思いますが、一般用も1日に摂取する量は医療用と同じなので事情により

病院での治療が難しい方は一般用でもいいと思います。

医療用医薬品の紹介

よく服用されて有名なのはドランサミン、ディレッドというものがあります。

1カプセルにトラネキサム酸だけが250g入っています。

多くの皮膚科ではシミ治療に使用する量は1日に2錠500g処方することが多く

場合によっては1日最大750mgまで処方することができます。

服用期間は2ヶ月を勧めていて、それ以上服用したい場合は最低2ヶ月の休薬期間

をとってからの服用をお勧めします。

一般用医薬品の紹介

一般用医薬品は医療用に比べトラネキサム酸が少ないですが、美白にいいと

されている成分も配合されています。

よく使用されている4つの一般用医薬品の成分をまとめたものです。

見るとどの薬も同じような成分量です。

主成分のトラネキサム酸に加え、抗酸化、美白作用があるビタミンB6と

ビタミンC、アミノ酸とコエンザイムAが共通の組み合わせです。

特徴的なのは、トランシーノ2がすべての成分が他の薬より少し多く含まれています。

なので、他の薬は1回2錠を1日に3回飲むのに対し、トランシーノ2は1回2錠を

1日2回だけというメリットがあります。

これらの一般用医薬品は、薬局により少し価格が違うことがありますが

1ヶ月分の価格が大体6~7万ウォン(6000~7000円)程でした。

シミ用内服薬の主成分であるトラネキサム酸を服用する際は注意点があります!

1.15歳未満は服用してはいけません

2.体を動かしづらく、横になることが多かったり1カ所に座って生活してる

  方は他の方より血栓の発生が高いため服用してはいけません

3.血栓症の治療をされた方や、現在治療中の方も服用することはできません

4.心肺機能が低い方も服用できません

5.2ヶ月以上は服用できず、それ以上の服用は最低2ヶ月の休薬期間が必要です。

元々は止血剤として開発された薬なので、安全に利用するためこれらの点を

守ってくださいね!

治療用と一般用シミ内服薬の選び方

シミの治療用医薬品のメリット

1、コスパ

2、服用のしやすさ

3、確実な診断後の治療

自分の皮膚病変が本当にシミなのか?皮膚科で診断を受け処方をしてもらえる

というのがメリットだと言えます。

シミの一般用医薬品のメリット

1、比較的簡単に購入できる

2、美白に良い成分が配合されている

私たちがシミだと思っている皮膚病変の中には、別の脂漏性角化症ということも

多いので、一般用医薬品を飲み続けるとしても

最低1回は皮膚科で診察を受けて本当にシミか確認することをお勧めします!!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

記事掲載のご依頼

こちらの記事に掲載を希望の場合は
以下のメールアドレスにご連絡ください。
shop@kvillage.jp

以下の内容をメールに記載の上、
お問合せいただけますと幸いです。
①掲載希望の記事のURL
②掲載希望のサロンやクリニック情報
(※掲載を保証するものではありません)